一般向け図書

「ご注文フォーム」で出版物のご注文を承ります。


このページの書籍は、ご注文に応じて書店卸もいたしております。

ご請求の際は、送料(実費)を加えてご請求申し上げます。

刊行順に掲載しています(最新刊から)。



   
地方自治を拓く6地方自治を拓く6
地域づくりと新たな取り組み
富士政治大学校政策研究科編

  A5判84頁  本体926円+税

ISBN978-4-938296-50-6

富士政治大学校・政策研究科から発信する
地方議員による地域活性化への提言集


 本書は、富士政治大学校・政策研究科生が、自らのテーマを追究し、議論する中でまとめた政策論集の第6弾です。地域活性化、コミュニティ再生など、さまざまなテーマで地方自治を考えます。

(2014年8月発行)
地方自治を拓く5地方自治を拓く5
地方分権をどうすすめるか
富士政治大学校政策研究科編

  A5判100頁  本体952円+税

ISBN978-4-938296-49-0

富士政治大学校・政策研究科から発信する
地方議員による地域活性化への提言集


 本書は、富士政治大学校・政策研究科生が、自らのテーマを追究し、議論する中でまとめた政策論集の第5弾です。地域活性化、コミュニティ再生など、さまざまなテーマで地方自治を考えます。

(2013年8月発行)
地方議員必携 政策ハンドブック地方議員必携 政策ハンドブック
富士政治大学校編
眞鍋貞樹編著
  A5判236頁  本体2381円+税

ISBN978-4-938296-53-7

  時代の変化と政治状況を鑑み、『地方議員・政策ハンドブック』(平成16年発行)を全面的に見直し、新たな政策課題も加えて「改訂版」を出版しました。編著者ほか10名の執筆陣により、今日的なさまざまな政策課題を提起、解説して、地方議員をはじめ、政治・地方自治・地方分権などを考える、すべての方々の活動に供します。

(2012年9月発行)
地方自治を拓く4地方自治を拓く4
地方分権をどうすすめるか
富士政治大学校政策研究科編

  A5判94頁  本体952円+税

ISBN978-4-938296-48-3

富士政治大学校・政策研究科から発信する
地方議員による共同社会づくり提言集


 本書は、富士政治大学校・政策研究科生が、自らのテーマを追究し、議論する中でまとめた政策論集の第4弾です。地方分権をはじめ、さまざまなテーマで地方自治を考えます。

(2012年8月発行)
斯思・斯語記 〜斯く思い、斯く語り記〜
リーダーへの講話

内藤純朗著
  新書判128頁  本体762円+税

ISBN4-938296-72-8

私はこう思った。あなたはどう考えるか。

産別トップとして、語りかけたメッセージ。自己の経験、あるいは時々の話題から、思ったこと、考えたことを披瀝して、リーダーそれぞれがどう考えるか、自ら判断してもらうための参考に供します。

私は2006年9月からの4年間、基幹労連の中央執行委員長をつとめた。その間、毎月最初の出勤日の朝に中央本部役職員全員を集めミーティングを開いてきた。その冒頭に短い講話を欠かさず行ってきたのだが、それは私の経験から来るものもあり、どこかで聞いた話もあり、その時々の話題もあった。なお、発行に当たってその話をしたときの環境、その後の推移、書ききれなかった私の思いなどを「ちょっと一言」と題して追記した。これでさらに私の意図がお分かりいただけるのであれば幸甚である。労働運動に携わるもの、いやこれから長い人生を送る方々にも何らかの参考になるかもしれない。出来るだけ多くの人に目を通してもらえればありがたい。そんな思いで拙文を発行することにした。(著者「はじめに」抜粋)
(2012年2月発行)
歴史は鑑なり歴史は鑑なり
十三人の誇れる日本人
大松明則著
  四六判304頁  本体1714円+税

ISBN978-4-938296-15-5

歴史を鑑とすれば、興亡の理を知ることができる。
人間の生きざまを知って自らを戒め、向上させることができる。


 「国家、民族が危機に瀕した時、自らの国家、民族に対して、自信と誇りを自覚し、そこから得た活力とエネルギーをもって、国難をのり越えてきたのである。そのためには、日本、日本人をもっと深く理解する中から、生きる勇気、守るべきものを知り、そして、背筋をきちっと立て、毅然とした姿勢を持ち、行動し、前進してゆかねばならない。」
 日本人として誇れる13人の生きざまから学ぶ。
(2011年3月発行)
地方自治を拓く3地方自治を拓く3
共同社会をいかにつくるか
富士政治大学校政策研究科編

  A5判118頁  本体952円+税

ISBN978-4-938296-47-6

富士政治大学校・政策研究科から発信する
地方議員による共同社会づくり提言集


 本書は、富士政治大学校・政策研究科生が、自らのテーマを追究し、議論する中でまとめた政策論集の第3弾です。共同社会づくりをテーマにさまざまな政策分野から問題提起します。

(2010年7月発行)
地方自治を拓く2地方自治を拓く2
現職地方議員による日本再生・地域活性化のための政策論集(vol.2)
富士政治大学校政策研究科編

  A5判104頁  本体952円+税

ISBN978-4-938296-46-9

富士政治大学校・政策研究科から発信する
地方議員による画期的なまちづくり提言集


 本書は、富士政治大学校・政策研究科第2期生の現役の地方議員が、自らのテーマを追究し、議論する中でまとめた地方分権・活力あるまちづくりのための政策論集、その第2弾です。

(2009年9月発行)
地方自治を拓く地方自治を拓く
現職地方議員による日本再生・地域活性化のための政策論集(vol.1)
富士政治大学校政策研究科編

  A5判168頁  本体952円+税

ISBN978-4-938296-45-2

富士政治大学校・政策研究科から発信する
地方議員による画期的なまちづくり提言集


 本書は、富士政治大学校・政策研究科第1期生である現役の地方議員が、自らのテーマを追究し、議論する中でまとめた地方分権・活力あるまちづくりのための政策論集です。

(2008年7月発行)
民社党の光と影民社党の光と影
元党本部書記局員による民社党研究論集
伊藤郁男・黒沢博道編

  A5判240頁  本体1800円+税

ISBN978-4-938296-29-2

当事者たちによる政党の記録!

 戦後日本の政治において、いまは亡き民社党がいかなる役割を果たしてきたか。日本の平和と安全保障に真剣に取り組み、福祉国家を提唱し、国鉄の民営化など行政改革を推進してきた民社党。民主社会主義の旗を高く掲げ、奮闘した民社党の35年を、元党本部書記が解明する。

(2008年7月発行)
私たちの考え方・思想
その歴史をたずね、あたらしきを知る
鈴木匡著

  B5判96頁  本体476円+税

ISBN978-4-938296-02-5

組合リーダーの知恵と生き方の根底にある
「民主的共同社会システム」の考え方とは何か?


 組合活動や社会運動の考え方・思想の基本にある民主的共同社会システムを記したのが本書です。新自由主義やグローバリズム、そして共産主義の弊害を克服する考え方を解説します。

(2007年10月発行)
今、ここにある危機
自立した日本、自律した日本人
大松明則著

  四六判250頁  本体1492円+税

ISBN978-4-938296-14-8

読む「歴史未来塾」第2弾! 危機に直面する日本。それを打破するために、日本と日本人の原点である日本文化を理解し、どう考え、どう取り組み、どう行動するかを示唆する。
PDF


(2007年2月発行)
Study Report No.6
団塊世代のための 定年後の生活資金はどうなるか
働き方・社会保険・税金・資産運用
細野知久・田渕直也・小林透著

  A5判84頁  本体952円+税

ISBN4-938296-26-8 C0033

自己の選択で収入と支出はこう変わる
定年後の安定した生活を設計するために!

 これから定年退職を迎える団塊世代を中心に、働き方、年金や社会保険、そして税金について、どのような選択の道があり、その結果、生活資金がどうなるかを判断するのと同時に、老後における長期の資産運用のための考え方を提供します。
【もくじ】
定年後の資産運用 【田渕直也】
定年後の社会保険と年金 【小林 透】
定年後の働き方と税の考え方 【細野知久】

(2006年11月発行)
地方自治の理想と幻想
どうすれば地域の力は生み出せるか
眞鍋貞樹著
  A5判240頁  本体1810円+税

ISBN4-938296-44-6 C0031

 地方自治とは何か、その存在理由は何か、なぜ重要なのか。日本の地方自治はこれでいいのか。地方自治の担い手である住民、地方議会、行政は、どうすれば「自治」を担いうるか、どう担うべきか。そして「地域の力」はどうしたら生み出せるのか。
 住民や国家にとって根本的な疑問への回答とともに、「地方自治」の理想の姿をあますところなく描き出す。
  第1章 地方自治を学ぶために/  第2章 地方自治論の多元的展開/  第3章 日本における地方自治の歴史/  第4章 地方自治とは何か/  第5章 地方自治の理論/  第6章 国家と地方自治体との関係性/  第7章 地域の公共性と市民/  第8章 地方自治とコミュニティ(共同体)/  第9章 地方自治における「権力エリート」/  第10章 地方議会の課題/  第11章 地方自治の選挙/  第12章 地方議会と市民運動/  第13章 官僚統治と議会そして住民参加/  第14章 地方自治体の行政改革/  第15章 地方自治体の「計画」行政/  第16章 地方自治と大都市政治/  第17章 地方自治体の合併/  第18章 地方分権改革の「落とし穴」/  第19章 憲法論議と地方自治
(2006年8月発行)
キャリア・サポートの課題 1
人間形成とライフキャリア

  A5判62頁  本体476円+税
山本多喜司著
「キャリア・サポートの課題」シリーズ 全4巻

    

 働き方・生き方をどう支援していくべきか?
 企業経営は激しい変化をつづけています。倒産、合併、買収などが、いつ自分の企業の問題になるかわからない時代です。企業競争に生き残るために、業態、業種の変更を選択する企業もあります。そのような流れのなかで、従業員のキャリア形成は大きな岐路に立っているといえます。  また、個人にとっては、人生80年を見据えて、職業生活のみに偏らない、自らの生き方の確立にもとづく自律的なキャリア形成がますます必要になっています。  労働組合は、組合員の生きがい・働きがいを支援していく観点から、経営に対する積極的な提言とともに、組合員の自律的なキャリア形成をサポートしていくことがますます重要になっています。そのための「力」をみがき、その支援体制をつくっていくことが、労働組合にとってたいへん重要です。その一環として、本シリーズをお役立てください。

1  山本多喜司(広島大学名誉教授)  
 個人の人生を通した生き方・働き方の観点から、キャリア・サポートをどう考えていくべきかを提起します。
2  石原康則(三菱電機労働組合中央執行委員長=当時)  
 新人事処遇制度に伴い必要となったキャリア開発への支援について、三菱電機の労使の取り組みを紹介します。
3  徳山誠(キャリア・コンサルタント/株式会社プレビス代表取締役)  
 再就職支援やキャリア・コンサルタントの現場の実情と課題をふまえ、どう取り組めばいいかを提起します。
4 近藤宣之(株式会社日本レーザー代表取締役社長)  
 変化する経営環境の中で、組合員・従業員のキャリア・サポートをどう考えるべきかを提起します。
(2006年7月発行)
キャリア・サポートの課題 2
職業能力開発支援策
三菱電機労使のキャリア・サポートへの取り組み
  A5判48頁  本体476円+税
石原康則著
キャリア・サポートの課題 3
中高年世代のキャリアの課題
キャリア・コンサルタントの現場から
  A5判62頁  本体476円+税
徳山誠著
キャリア・サポートの課題 4
変化する企業社会とキャリア形成

  A5判64頁  本体476円+税
近藤宣之著
立ち上がれ日本人
自立した日本、自律した日本人
大松明則著
  四六判326頁  本体1714円+税

ISBN4-938296-13-6 C0020

 日本の歴史、誇るべき伝統・文化から学び、歴史の局面で活躍した多くの先達の行動と叡智から学ぶ。そして、個人として、リーダーとして、親として、日本人として、よりよく生き、未来をつくろう。

  第1章 なぜ歴史から学ぶのか/第2章 日露戦争から学ぶ国家戦略/第3章 韓国・中国とはどんな国なのか/第4章 日本人の心と魂をさぐる/第5章 人間、いかに生きるべきか/第6章 一人の人間として、リーダーとして
(2006年1月発行)
Study Report No.5
自己責任時代の
投資信託と国債の知識
田渕直也著
  A5判70頁  本体952円+税

ISBN4-938296-25-X C0033

確定拠出年金の運用のために
老後保障の危機(インフレ・経済停滞・円安)を乗り切るために

 高齢化の進行、経済環境の長期低迷などにより、公的年金をはじめ、退職金・企業年金など、老後の生活保障が制度として非常に揺らいでいます。自己責任で老後の資金を確保し、運用していかないといけない時代に突入しています。その現状を把握するとともに、これからの老後保障としての投資・運用をどう考えていくか。
 1 老後保障の危機と自己責任の拡大/2 投資信託の現状と課題/3 運用の考え方/4 国債の現状と課題
(2005年12月発行)
政治専科選書@
市町村議会議員のための
地方財政のチェックポイント
  A5判106頁  本体2190円+税
荒木幹郎著
 

 地方議会・財政の第一人者(政治専科相談役)が、現職市町村議会議員に伝授する地方財政を理解するための3部作。
 地方財政の仕組みと見方をくまなく解説し、地方議員としてどこに注目すればいいかを指摘します。地方財政がみるみるわかり、財政チェックの視点を養うことができます。
  • 選書@市町村財政の見方(決算カードを中心に)/性質別経費の問題点/市町村財政の分析(バランスシートの手法による)
  • 選書A予算書類とは/予算の法定原則/予算の政策的課題/予算の財政運営的課題
  • 選書B決算の審査/決算の問題点/決算議会から予算編成へ
(2005年10月発行)
政治専科選書A
市町村議会議員のための
予算の見方&チェックポイント

  A5判96頁  本体1905円+税

荒木幹郎著
政治専科選書B
市町村議会議員のための
決算の見方&チェックポイント

  A5判28頁  本体952円+税
荒木幹郎著
ホロニック工学論
どうすれば永続可能な人類社会が構築できるか
小野五郎著
  A5判568頁  本体3714円+税

ISBN4-938296-12-8 C0030

 人類の危機とネット社会の到来を見据えて、人為システムの自然系への包摂を目指し、ホロニック工学の視点から、どうすれば永続可能な人類社会が構築できるかをさぐる。
  第一部 ホロニック工学入門〜ネット社会構築のための超システム論/第二部 事例としての民主主義/市場経済(試案)〜相互補完的ホロニック・システム/第三部 各論(サブ・システム)〜循環社会/税制/教育など幾つかの具体例による試案
 独立行政法人日本学術振興会平成17年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)助成図書
(2005年9月発行)
成果主義の課題
企業文化と勤労観の再構築
富士社会教育センター編
  A5判150頁  本体1905円+税

ISBN4-938296-64-0 C0036

 成果主義は、職場にどのような波及効果をもたらしているか。転換する経営施策への組合員の不安を解消し、安心して働ける職場環境、組合員の生きがい・働きがいにつなげていくために、労働組合はどう対応していくべきなのか。
 どう働くのかを、突き詰める 新妻健治(イオン労組委員長)/成果のとらえ方と企業文化 神津里季生(新日鐵労連会長)/成果主義と能力開発 高倉明(日産労連事務局長)/成果主義の運用とチェック 泉田和洋(東芝労組委員長)/人材の育成 鈴木登(東電労組委員長)/市場から見た成果主義への提言 田渕直也(経済アナリスト)/経営から見た能力主義と成果主義への提言 近藤 宣之(日本レーザー社長)   (2005年6月発行)

Study Report No.4
内部告発が労働組合を分解する
わが社の常識・世間の非常識
富士社会教育センター編
  A5判84頁  本体1905円+税

ISBN4-938296-24-1 C0034

 トラブルは起こるべくして起こる。非常識が社内の常識としてまかり通っていなかったか。内部告発が問題なのではありません。労働組合がその事実をつかめないことが問題なのです。いま企業にはコンプライアンス(法令遵守)が求められています。トラブルには迅速に、かつ適切に、隠さずに対応することが危機管理の要諦です。トラブルが発生し、職場の非常識が内部告発で表面化する事態になると、企業崩壊をも招きます。労働組合には、それに対する常日頃のチェックが求められるのです。
上條義昭(弁護士)〜公益通報者保護法の解説を中心に/徳山誠(プレビス代表取締役)〜企業リスクと労働組合の役割
(2005年2月発行)
回顧九十年
私の同時代史
高橋正則著
  四六判414頁  
本体1905円+税

ISBN4-938296-35-7 C0023

 苦学時代、軍隊時代、新聞記者時代、政治運動時代、大学教授時代と、転変と生きた90年の半生を、思想遍歴、師や友人との出会いなどを織り交ぜながら、同時代の日本の歩みと二重写しに語る。そして、政治学者(博士)として、いまn日本の危機状況を打開する道をさぐる。
 (解説)遠藤浩一(評論家・拓大客員教授)
(2005年2月発行)
「菜根譚」の教えに学ぶ
労働組合役員の心得集

石原康則著
  新書判154頁  
本体667円+税

ISBN4-938296-33-0 C0212

◆労働組合の次代を担う役員に向けたメッセージを満載
◆労働組合役員(リーダー)としての人生訓を説いた心得集
◆先見の知恵と奥義に学ぶ労働組合役員必携のハンドブック

「経営の対象は物やサービスであるが、労働組合運動の対象は人間である。人間を対象とする労働組合の指導者(とくに若い世代の労組役員)には、人生訓を説いたこの書の教えに触れてほしいとの思いを込めて、菜根譚を紹介することにしたものである」〈序文より〉

(2004年8月発行)
おかしいことが、おかしいと言える力
リスクマネジメントと労働組合の課題
富士社会教育センター編
  A5判248頁  定価2000円(本体1905円)

ISBN4-938296-63-2 C0036

 経営対策における労働組合の課題がどこにあるのか。さまざまな産業の労働組合リーダーへの一連のインタヴューを収録。併せて、専門家から見る労働組合の課題を掲載。
○マルエツ労組○ニチイ学館労組○三菱自工労組○日本梱包労組○松下労組○大阪ガス労組○ダイキン労組○JR九州労組○ブラザー販売労組○沖縄電力労組
○徳山誠(株式会社プレビス)
○細野知久(経営コンサルタント)

(2004年4月発行)
Study Report No.3
協議する力・参加する力
新たな時代の経営対策
富士社会教育センター編
  A5判84頁  
本体1905円+税

ISBN4-938296-23-3 C0034

 激しく変化する経営への対応−経営対策は労組の最重要課題。いま労働組合に求められるのは、協議する力・参加する力!!
 経営対策は、いまや労使関係の最重要課題となっています。労働組合の経営対策の実践力の向上こそが雇用を守るために必要です。そのためのチェックポイントを具体的に提起します。2003年11月に開催した「第3回労使経営危機管理セミナー」の講演要旨を再録。(2004年3月発行)
【講演者】
神津里季生(新日鐵労連会長)
町田 吉宏(UIゼンセン同盟東京都支部次長)
近藤 宣之(日本レーザー社長)
志に生きる
足は職場に、胸には祖国を、眼は世界へ
宇佐美忠信著
  46判384頁  定価1575円(本体1500円)

ISBN4-594-04203-1 C0095

「志」とは、士の心。公のために尽くすこと。
左翼労働運動と一貫して闘い、民主的労働運動を推し進め、いまも拉致問題、教科書問題等に取り組む著者が、戦後史を語り、日本の針路を語る。

 元同盟会長のオーラルヒストリー。インタビュー形式で一気に読める。聞き手は伊藤隆政策研究大学院大学教授ら3人。近江絹糸の人権闘争や「連合」結成の経緯、旧民社党との相互協力関係、中ソとの論争など、政治闘争至上主義の左翼労働運動とは異なる同盟路線の神髄を説明。出身のUIゼンセン同盟ひとり組織拡大を続けている秘密も分かる。憲法、北朝鮮による拉致事件など、現在も取り組み中の問題も取り上げている。( 2003.10.10 産経新聞)
(2003年9月発行)
課題を発見する力
厳しい環境変化と労働組合の課題
富士社会教育センター編
  A5判240頁  
本体1905円+税
ISBN4-938296-62-4 C0036
 産業・企業の厳しい経営環境、さらに厳しい雇用環境のなかで、労働組合の課題がどこにあるのかを発見するためのさまざまな産業の労働組合リーダーへの一連のインタヴューを収録。併せて、経営者から見る労働組合への期待を掲載。
○石播労組○神交運○新日鐵労連○すかいらーく労組○東海興業労組○東電労組○東芝労組○村田労連○日本電子連合労組○レナウン労組
○鞄本レーザー・近藤宣之

(2003年5月発行)
Study Report No.2
企業再編と労働組合の対応
富士社会教育センター編
  A5判84頁  本体1905円+税

ISBN4-938296-22-5 C0034

 合併、営業譲渡、会社分割、持株会社化、……等々、急進する企業再編に労働組合はどう対応すべきか?
 企業再編における雇用と生活の問題は、労使関係の最重要課題となっています。再編のケース別の対応と法的理解をはかり、労働組合の経営対策における実践力の向上をめざします。2002年12月に開催した「第2回労使経営危機管理セミナー」の講演要旨を再録。
【講演者】
町田 吉宏(UIゼンセン同盟東京都支部次長)
野川  忍(東京学芸大学教授)
上條 義昭(弁護士)
(2003年2月発行)
日本再生
雇用危機への挑戦
井尻千男・逢見直人・曽根泰教・前島 巖/共著
  A5判210頁  本体1500円+税

ISBN4-938296-61-6 C0330

 なぜ雇用危機に陥ったのか? どうすれば日本人の自信と活力を回復できるか?
 長期の不況と雇用不安。しかし、政府の構造改革は、雇用を軽視し、市場原理万能の考えから、日本の築き上げてきた経済社会システムを破壊ししているのではないか。いったい「経済」とは何だ。このままでは、日本はどうなってしまうのか。そこで、雇用危機を回避し、真の「経世済民」を追求する、日本にふさわしい産業社会、働く者が安心して暮らせる社会をつくるための方策を提起したい。

   第1章 「失われた10年」の本質   第2章 グローバル時代の「経世済民」
   第3章 日本人の活力の源泉   第4章 再生へのシナリオ
(2002年7月発行)
新しい日本の教育像
高橋史朗・木村治美・石川光男・草野忠義/共著
  A5判296頁  本体1500円+税

ISBN4-938296-60-8 C0337

 教育危機が叫ばれ、「教育改革」が喫緊の課題となっている。昨今の事件や社会現象をみると、家庭も、学校も、地域社会も、産業社会も、日本全体がどこかタガがはずれたようなことばかり。日本人には活力がなく、自信喪失に陥っているかのようです。
 「教育は国家百年の大計」。だからこそ小手先の改革論議ではなく、時代や社会の変化に伴う危機の現状を的確に認識した上で、国際的視野、歴史的視野、文明論的視野から深く考察していくことが必要です。
 本書は、全く専門を異にする者同士が、こうした総合的視野に立って、日本の教育のあるべき姿、求められる日本人像についてまとめた、ユニークで画期的な提言書である。
(2001年8月発行)
21世紀の改革者 その教育理念と哲学
財団創立30周年記念出版編集委員会・編
  B6判350頁  本体1300円+税

山本多喜司・梅澤昇平・黒沢博道/共著
ISBN4-938296-00-4 C0030
 当財団のこれまでの研究活動をふまえ、21世紀の改革者(時代を切り拓く実践的リーダー)を教育する教育理念と哲学を明示します。激動する国際社会の中で、来る時代の改革者として、私たちのものの見方・考え方、そして生き方を提起します。
 (もくじ)時代をどうとらえるか/文明の転換期とものの見方・考え方/世界史の中の日本/われわれのめざす日本/社会改革をどうすすめるか/自己実現と生きがいの創造/変革期をになうリーダーの生き方
新しい日本の憲法像
西 修・大原康男・石田光義・吉原恒雄/共著
  A5判236頁  本体1500円+税
ISBN4-938296-89-6 C0330
 未来に生きる日本人に引き継ぐこの国のかたちは? 私たちの憲法を議論しよう!
 日本国憲法の検証を私たちは怠ってきました。日本も世界も大きく変貌をとげたいま、時代にあった、日本に相応しい新しい憲法像を構築すべきです。本書は、現行憲法の問題点とあるべき姿を提起します。
21世紀・日本と日本人の課題
何を改め、何を伸ばすか
石沢芳次郎著
  A5判460頁  本体1900円+税
ISBN4-938296-10-1 C0030
 新しい世紀を目前にしたいま、日本は「戦後の総点検」という大きな節目に際会しています。ここでしばし立ち止まり、時代にながされることのないよう、戦後これまでの私たちの足跡、現段階での私たちの生き様を冷静に「自己点検」してみることが必要です。そこで、価値観、国家観、道徳から、政治、経済、教育などの各分野まで、各々の相関関係を解明し、日本と日本人の全体像をとらえます。その上で、次の100年を生きるために、私たちは何を改め、何を伸ばしていくべきか、新しい世紀に向けての対策をわかりやすく解説します。
大戦争の表と裏
潜り抜けた幸運な男の記録
和田耕作著
  四六判390頁  本体2000円+税
ISBN4-938296-30-6 C0023
満鉄、企画院、東亜研究所、大政翼賛会……要職での国策従事●比島バターン作戦……最前線で尖兵隊長。いわゆる「死の行進」の虚実●「作られた」事件で2度の投獄。取り調べられた尾崎秀実との関係●満州で迎えた終戦……日本人救済のためソ連・中共と折衝。野坂参三との遭遇●シベリア抑留……中央アジアの収容所で強制労働。権力を握った共産主義の実体。
 厳しい国際政治に翻弄されながらも、真面目に国家の明日を考えつづけた戦前〜戦中の日本。その昭和激動期を逞しく生き抜いた一人の男の半生の記録。波瀾万丈の著者の実体験は、まさにわが国近現代史の激動そのものである。
新しい日本の国家像
〜共生社会への道〜
  本体1500円+税 (A5判・220頁)
佐瀬昌盛編著
西修・小野五郎・田村正勝共著

ISBN4-938296-88-8 C0300
 薄れる歴史的共同体への帰属意識。漂流する日本人の国家意識。21世紀を目前に、国家衰亡の危機を嗅ぎ取る国民は少なくないことでしょう。
 このままで日本はいったいどうなるのでしょう。国家の大切さをなくして知る、ということがあってはなりません。
 私たちは、いまこそ日本という国家の再生をはかるときです。そのためには、「日本の独自性=アイデンティティ」と「国家としての持続可能性(サステイナビリティ)」を探求し、世界に通用する新しい国家理念と国家像を真剣に考えていく必要があります。
 このような観点から、「新しい日本の国家像」を提起するものです。
新しい歴史像の創造
〜過去の真実と未来への希望を結ぶ〜
  本体1500円+税 (A5判・200頁)
佐瀬昌盛・井尻千男・大原康男・高橋史朗/共著

ISBN4-938296-87-X C0320
 今日の国内情勢の混迷には、国家のメルトダウンを決して大げさではなく予測させるものがあります。このような苦境の原因には、国民の間に確固とした国家観がなく、小手先だけでやりくりされてきたことが挙げられます。その健全な国家観は、真っ当な国家の来歴の評価、つまり歴史観のもとに培われます。
 そこで本書は、明治維新から現在までの日本の歩みを、世界史的視野から再検証し、真っ当な国家の歴史像を構築することを提言するものです。
 明治維新から130年。近代日本130年の歴史を具現した先人の足跡を、近視眼ではなく、公正な眼で眺め、そこからさまざまな教訓を学び、未来へ日本の歴史を継承していくことが大事だと考えます。
地方議員読本
荒木幹郎著
  A6判216頁  本体1500円+税
元武蔵野市議会議員
 地方の時代は地方政治の活性化から
 28年の市議会議員の実績と経験から、地方自治を担う議員と議会のあるべき姿を描いた珠玉のエッセイ。地方自治に関心のあるすべての方に!第1章 議員としての心得/第2章 実のある議会活動/第3章 勝つための選挙
 われわれは、いずれかの自治体の住民である。地方自治は議会の権限強化によって支えられるとする氏の新年を披歴した本書を、地方自治の関係者だけでなく、すべての人々に読んでもらいたいと思う。(推薦の言葉より/堀江湛氏<慶應義塾大学名誉教授・尚美学園大学学長>)