富士政治大学校 PAPERBACKS 01


地方自治を拓く
現職地方議員による日本再生・地域活性化のための政策論集(vol.1)

 本体952円+税  A5判168ページ



ご注文フォームへ

躍動する地方分権へ!! 画期的な政策論集ができました。
市議会議員14名によるまちづくり新時代の政策提言!


 本書は、富士政治大学校・政策研究科(第1期)において、それぞれの地方議員が自らのテーマを追究し、議論の末にまとめた政策を提言するものです。

*  *  *  *  *

◆新藤 宗幸(千葉大学教授)〜「刊行に寄せて」より
 ここに寄せられた14名の議員の論稿は、いずれも自治体議会や議員に求められている役割を踏まえて、それぞれに自治体の課題を追究したものである。論文のテーマは、まちづくりを地域内分権の観点から分析したものと、自治体行財政改革のあり方を考察したものに大別できる。
 使われている言葉や直接の考察対象は異なるものの、それらを貫いているのは、地域社会における人びとの連帯を基調としたまちづくりの重要性である。
 住民が安心して生活できるまちづくりこそが、自治体行財政経営の核心であり、それを強調していくことこそ、議会・議員の役割といえよう。
 総じて14本の論稿は、自治体議員のなかに、新たな思考にもとづく動きが台頭していることを物語る。それが大きな潮流となることを願ってやまない。






もくじ
■成熟した市民によるまちづくりを目指して
 岩田崇(清須市議会議員)
■地域内分権のしくみの構築
 大西勝彦(大府市議会議員)
■ユニバーサルデザインのまちづくり
 芝山稔(松本市議会議員)
■協働による実効ある行財政効率化の取り組み
 瀧本敏幸(裾野市議会議員)
■地方分権とこれからの自治体運営
 芳賀親男(横須賀市議会議員)
■地方自治体における財政について
 藤澤宏司(柳井市議会議員)
■民間手法を行政に
 深山周三(豊橋市議会議員)
■財政再建と市民
 柴田敏彰(宇部市議会議員)
■非常勤・無報酬・無権限の町長づくり
 斎藤菊市(松江市議会議員)
■都市内分権による健康づくり
 作元志津夫(豊田市議会議員)
■自治体病院の存在意義と今後のあり方
 田中慎弥(岡山市議会議員)
■敦賀市の民間廃棄物処分場問題の経緯と教訓
 北條正(敦賀市議会議員)
■公立小中学校における外国人児童生徒への対応
 芳賀裕崇(豊橋市議会議員)
■真の公平な教育改革を目指して
 好川桂司(山陽小野田市議会議員)